重要なお知らせ

C82お疲れ様でした!
記事

2014年04月22日

PS4の4K対応とHDMI2.0の話

PS4は現状4K60pでの映像出力を対応していないが、アップデートで対応の可能性があることがつい最近分かった。
PS4はHDMI1.4基準のHDMIコントローラーを採用しているのは4gamerの分解記事からわかる、従って4K60pの対応は物理的に不可能、だと最近までは思っていた。

一方、HDMI1.4製品を2.0にアップデートできるぜぇ!的な製品が出ており、どういう事かと考えた結果、転送レートは大分前に決定しており半導体の設計や量産は大分前から始まっていたのだと結論付けていた。
(今考えると相当むちゃくちゃだなぁ)

しかし上記の予想は間違いで実態はHDMI1.4基準のものをそのまま使用しサンプリング比を4:2:2までしか対応していなかったものを4:2:0も送れるようにして4K60pも送れるようにしただけと言うもので、転送レートなんか変わっちゃいなかったのである。

(色々言いたいことがあるが本筋とはずれるので割愛)

以上を踏まえると、PS4にはHDMI1.4のチップしかつまれていないが4K60pの映像を限定的ながら出力する潜在力はあるのである。

で、ここからが本題(前置き長い)

この色を間引くやり方、ゲームにも応用出来ないだろうか?
現状のRGBベースでのレンダリングだと2Kから4Kに解像度アップする場合、4倍の計算量がかかっていたが、この方式だと2倍程度におさえることができる。
もちろん、フォーマット的にRGBとは全く違うしアルファ値もあるから
そう簡単にいかないのはのは良く分かってるが、それを解決出来れば結構画期的じゃないだろうか?
特に4KだとYUV4:2:0しか出力出来ないPS4にとっては気軽に4Kに出来る良い方法じゃないだろうか?


posted by PentliumEE at 16:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

ノベルゲームもそろそろ高級ゲームエンジンの恩恵に預かるべき

ノベルゲームエンジンといえば吉里吉里などが代表的ですが、いかんせん古くなりすぎです。
マルチプラットフォームをうたう吉里吉里3は依然音沙汰なしですしいい加減新しいツールがほしいところ。
実際ノベルゲー会社がやろうとしていることと、実現されているものがあまりにもかけ離れてきています。
独自エンジンであっても、です。(ラブ○スとかタイム○ープのことを言ってるんですよ?聞いてますかメーカーさん?)
話は変わってゲームエンジンのお話。
最近、Unityというゲームエンジンが熱いと思っていたら灼熱になってもはやデファクトスタンダードになりつつあります。
このエンジンかなり優秀でマルチプラットフォームであり、動画が再生でき、テクスチャ読み込みでき、プログラミングが出来て、ライセンス料なし、トンデモなく有用なツールです。
で、これをノベルゲームエンジン化すればいいんじゃないでしょうか?
吉里吉里などよりもよっぽど高級で多機能なツール群がついてきます、ヘタすると吉里吉里などよりも爆速になるかもですよ。
問題はシナリオをどうやって読み込むかですけど、イチから作るよりよっぽど楽じゃないですか、C#で効率も上がってるし。
ということで、Unityでノベルゲー作り、これは流行ると思いますよ。


と、ここまでは前振りなわけです(長い)
わざわざ、こんなことを書いたのは訳がありまして・・・
Unityでノベルゲーアセットを作ろうかなと思い立ったわけですよ。
まあまだ計画の段階ですけど、作業量的にも良さげかなと思ったわけです。
やりたいプロジェクトが複数あってそれのどこにリソースを注ぐか決まってない状況で、他のプロジェクトに力を注いでおじゃんになる可能性もあります。

とりあえずアセットに実装したい機能はこちらです。
・単独アセットのみ内部プログラミング無しで2Dノベルゲーが作れること
 ⇒シナリオファイル読み込み、表示機能
 ⇒セーブ・ロード機能
 ⇒画面エフェクト
 ⇒サウンド再生
 ⇒BGM再生
 ⇒メニュー機能どうする?
 ⇒各種初期化肩代わり
・3Dとの親和性を高めること
 ⇒背景3D化対応(アセットのみ)
 ⇒人物3D化対応(追加アセットで、髪の毛スカート物理シミュレーションなども追加可能)
 ⇒その他3Dサポート(パーティクル・アニメーション制御)
 ⇒シェーダーエフェクト対応(プリセット・アセット他)
 ⇒エフェクトエディターをサポート(Effekseer検討中)
・その他
 ⇒その他ADV付きゲームにも使えるように
 ⇒無料で配信
 ⇒ドキュメント充実
 ⇒手厚いサポート(できたらいいな)
 ⇒HP作成

基本的な機能はこんなもんですかね、おそらくUnityの機能&ドキュメントが全面バックアップしてくれそうなので、開発難易度は高く無いと思います。
正式に制作が決まったらHPでも立てましょうかね。
制作が決まったらですけど・・・
posted by PentliumEE at 00:27 | Comment(0) | ゲーム開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

8KなHDMIの話

たまには仕事に関係するような話でも。
HDMIの中の人が現行のHDMI端子形状で8K伝送やるよ!といっているが、一瞬「んな馬鹿な!」と思ったのよ。
だってそうでしょう?10GBASE-Tですらアップアップでツイストペアの限界、なんて言われてるんだから。
現に40GBASE-T 100GBASE-Tなんて規格は存在していないし現実的とは思わなかったわけですよ。
NHKが規格策定しようとしてるスペック(もうしちゃったらしいね)は7,680×4,320 120FPS RGB 12bit深度なんていうトンデモスペックですからデータレートに換算すると150Gbpsに肉薄します。
ええ、100Gbps超ですよ。無理ですってこんなん・・・

と最初はおもったわけ、でもいろいろ調べてみるとどうにかこうにかできそうな気配はあることが分かったのよ。
最大のポイントはHDMIは5m以内の通信に限られるという点。
ツイストペアがLANに使われなくなった最大の理由が「長距離伝送が難しい」という点なので、短距離であれば100Gbpsも達成でき、現在の技 術でも5m程度であれば200Gbpsぐらい造作も無いということみたい。
まあ、それでも現行最先端技術ですから高品質ケーブルとかLSIとかコストダウンなどの課題はありそうですけど。。。
posted by PentliumEE at 19:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

本格的に仕事が乗ってきた

もう、超忙しいです。
仕事が完璧に乗ってきてます。
設計もバリバリです。
やりがいはあります。
なんせ、皆さんの目に触れるものですからね。
とにかく12月まではこの状況続きそうです。
posted by PentliumEE at 16:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

Radeon R7 260X

いいですねぇ、すぐにでも買い換えたいです。
補助電源6pin x1で性能も申し分なし、$139と格安、最新アーキテクチャもう言うことなしです。
公式がいってるFire Strikeスコアが正しいと仮定するならば1.5倍の性能アップになります。

3年間お世話になったHD6850からようやく乗り換え対象が出来ました。
正直もう時代遅れですからねこのGPU・・・
posted by PentliumEE at 00:25 | Comment(0) | 半導体ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
簡易ゲーム機市場分析 for Google
据置機

携帯機

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。